歯の日頃のケアの仕方について

坂戸の歯科は花みず木歯科クリニック|坂戸の歯医者
私は以前は普通の歯ブラシを使用していたのですが、現在は電動歯ブラシを使用しています。
なぜ電動歯ブラシに変えたのかというと、普通の歯ブラシだと特に奥歯に磨き残しがあることが多く、磨きにくい部分がしっかりと磨ききれていないことがあり、電動歯ブラシならすべての歯を均等に磨くことができるので、使用するようになりました。
電動歯ブラシに変えてから虫歯になることも無くなり、健康な歯を保つことができています。また口の中の細菌は寝てる間に増えるらしいので、朝と夜の2回歯磨きをするようにしています。
他にも普段の歯磨きだけでなく定期的に歯医者に行って歯石を取ってもらったりしているので、それも健康な歯を保つことができる要因だと思います。
私が今行っている歯医者は待ち時間が少なくて良いのですが前に行っていた歯医者は待ち時間がとても長く1時間以上待たされることがほとんどだったので、歯医者を選ぶときはできるだけ待ち時間の少ない所を選ぶようにしています。

歯は意識的にケアしましょう

虫歯ができて歯にあなが開いてしまったら、歯医者さんにかよっての治療がひつようになってしまいます。私は歯医者さんが大好き!というひとにはあまりお目に掛かったことがありません。虫歯になって歯医者さんにかよう羽目にならないためには、ふだんからのお口のなかのケアがひつようになります。
まずはなにかを食べたあとにはすぐに歯をみがくということが基本です。歯をみがくときには歯ブラシをつかってみがくのですが、そのときにつかう歯ブラシを電動でみがくことができる電動歯ブラシをつかうようにすると、手で手動で歯ブラシをつかってみがく場合よりもみじかい時間で、なおかつ歯垢を除去する効率もよくなります。歯のあいだにすき間が開いていて、歯ブラシだけでは落としきれない歯垢とか食べかすなどがあるばあいには、専用の歯間ブラシやデンタルフロスなどを活用して除去することもおすすめです。歯ブラシの形状によっても歯の磨きやすさに差が出ます。

私が出会った最低な歯医者の院長

私が今の歯医者を見つけるまで、2カ所を、転々としました。
歯医者とは、すごく治療に時間もかかるし、毎週通ったりしないといけないし、そこの先生との相性もあると思います。
私が一番最初に通った歯医者は、確かに腕は良かったと思います。
親不知も綺麗に抜いてくれたし、治療にもそんな時間もかかるような歯医者では無かったです。
しかし、その歯医者の院長が凄く物の言い方が上からの言い方で、私は親不知を抜いた時に「当分は煙草を吸わないようにして下さい
」と言われたので、「分かりました」と返事をしただけなんですが「本当に話聞いてる?
、煙草吸わんといてよ!分かってる?」と何故かキツイ言い方をされました。
さすがに私も腹が立ち会計の時に「院長の言い方が気に食わない!他の言い方ないのか?
」とクレームを出すと、院長が出てきて「そんなに文句言うなら来なくていい」と突っぱねた言い方をされました。
ほとんど治療も終わっていたので、「今後、ここの歯医者来るつもり無いから、レントゲンとか郵送してくれ」と言い帰りました。
数日後、郵送でレントゲン等が送られてきましたが、何か日に落ちない感じでした。
今は、小さい歯医者ですが院長も歯科助手の方もイイ方で、歯の磨きかた(奥歯)・2カ月に一回は、歯茎検査などもしてくれる所で
、患者さんが多く、仕事をしている私は、予約がなかなか取れませんが、きちんと患者の目線から色々教えて頂く事も多く、この歯医者に出会いたっかたと今凄く思います。
歯医者は腕は良くても、患者に対しての物の言い方も大切だと思います。
患者だからワガママを言う、医者だから上から目線で話すなとは言いませんが、ただでさえ時間のかかる治療だから、ささいな事でもお互いに大切だと思います。
歯は本当に大事なので。